珈琲の字のおこりについて及び珈琲の歴史について



珈琲と書いてコーヒーと読みます。もともと字の由来は江戸後期に蘭学者により考案された当て字です。「珈」とはかんざしの花のことを指します。もう一つの「琲」はかんざしの玉をつなぐ紐の部分を指している言葉です。


 コーヒーの源はコーヒーチェリーという木の実から誕生します。コーヒーチェリーの実が連なる様子はかんざしの花に似ており、そこから当て字にしたことが字の由来となっており今では漢字表記も一般に広く使われています。


 珈琲が日本に本格的に持ち込まれたのは明治に入ってからです。インスタントコーヒーの発明を経て日本で本当に自由にコーヒーを楽しめるようになったのは第二次世界大戦を経験して戦後期の1961年となっており、現在では私たちの生活に欠かせない存在としてすっかり定着しています。


 日本においては世界中のコーヒー豆を楽しめるようになっており、味なども細分化されています。コーヒーの魅力を伝えるバリスタの役割も重要となっており、ばバリスタの大会も現在では世界中で数多く開催しています。

◆珈琲館オススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト